インクルーシブ教育学校訪問inデンマーク

2005年・2013年と、二度の教育改革を経て、 

EU連合が定めた特別支援教育プログラム 

「すべての子どもに参加する権利がある」を 

理念とし、インクルーシブ教育を推進しているデンマーク。 

 

今回、デンマーク文科省(教育省)の紹介で 

訪問した学校は、コペンハーゲンの公立学校の中心的存在である。 

 

担当して下さった副校長のKirsten Hanne Hansen先生は、EU連合および北欧の教育会議に参加するデンマークのインクルーシブ教育の第一人者であり、大変学び多い時間であった。 

 

デンマークにおけるインクルーシブ教育(統合教育)の現状を学びつつ、来年のフェスティバルについても、良いお返事を頂いた。 

「我々は一人や少数で出来ることを考えてはいない。いかに社会や多くの他とつながるか、それを何より大切にしている。」 

 

理想的なシステムがここにあると感じた。 

率直な感想である。 

 

ハード・ソフトからみる「統合教育」 

 

デンマークの統合教育は、当初、財政面を考え推進されたと聞き、驚いた。 

 

確かに分離する環境では、ハード面での経済的負担は大きい。 

 

ソフト面はどうだろう。 

「子どもが中心である」という考え方の統合教育は下記を重視する。 

1、子ども達の声を聞いて全てを決める 

2、強みを子ども達自身が伸ばしていく 

3、保護者、外部との連携を密にする 

4、すべての関係者に対して、情報共有する 

      (障害を持った子ども達の兄弟も参加する) 

 

一見大変に見えることを、日常的に行った結果、先生方の仕事は効率化されて行ったのだという。 

 

課題は、もちろんある。 

重度障害を持つ子ども達の支援だと教えて頂いた。 

 

今回、明確になったことは2つ。 

インクルーシブ教育(統合教育)は、「子どもの生きる力」を引き出し、育めること。 

 

ハード・ソフト両面から見ても、持続可能な社会形成に適している!ということである。 

 

インクルージョンフェスティバル」でどこまで実現できるかはまだ未知だが、あるべき理想像が見え、取り組むべき目標が出来たことをまずは感謝したい。 

 

Øster Farimagsgades Skole 

KØBENHAVNS KOMMUNE Børneog Ungdomsforvaltningen Område Indre By/Østerbro 

Øster Farimagsgade 40, Stuen 2100 København Ø(生徒775) 

コメント

タイトルとURLをコピーしました